ゆるい糖質制限で産後太りを解消した方法

ゆるい糖質制限で産後太りを解消した方法

妊娠中に20キロも増加し、産後もなかなか思うように体重が戻りませんでした。
母乳のために栄養を偏らせるわけにはいかないので、卒乳と同時に糖質制限ダイエットを始めました。

と言っても子育てには体力が必要です。
完全なる糖質制限をしてしまうと体力も落ちてしまいそうなのは心配だったので私がとった方法は「ゆるい糖質制限ダイエット」でした。
家族と一緒に食べる朝食、夕食は普段通りの食事をします。
ただ、一人での食事となる昼食は糖質のある食品を避けるようにしました。
具体的なメニューとしてはコンビニのサラダチキンやブランパン、ゆで卵、塩コショウで味付けしたチキンステーキ、納豆
(付属のたれは以外と糖質が高いので、塩で味付けしたもの)などを多く食べていていました。

2ヶ月ほどで体重が妊娠前と比べて3キロほど多いくらいまでに減量できたので、そのくらいのタイミングで昼食の完全糖質カットは中止し、
朝食、昼食は好きなものを、夕食はご飯や芋類などは少なめにするような食生活に切り替えました。

結果、半年後には元通りの体重に戻りましたが、夕食の糖質を少なめにする習慣はすっかり身についたので、
おかずは家族と同じものを、ご飯だけ気持ち少なめにするのは続いています。
週末は外食の機会が多いので、その時は何も考えず、食べたいものを食べています。
徐々に糖質制限を解除してったからなのか、リバウンドや健康上の問題は特に感じられません。